シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて!

シミトリーが効かないという口コミ。実は、使い方が間違っていたのかも!シミトリーが効かないと思っているのなら、使い方にアレをプラスしてみて!

シミの消し方

キズパワーパッドでほくろが取れる?どんなほくろでも有効ではありません!

更新日:

顔にできてしまったほくろが、気になっている人もいるでしょう。

一度できてしまってほくろをスキンケアで薄くしていくことも、場合によっては可能ですが、かなり時間がかかります。

このため、セルフケアでほくろを解消していくには根気も必要になってきます。

一部では、ほくろはキズパワーパッドで改善していけるという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?

キズパワーパッドを使っていたら、実際にほくろが目立たなくなってきたという人もいます。

ほくろは、キズパワーパッドで取れるのでしょうか?

すべてのほくとが取れるわけじゃない!
どんなほくろでも、キズパワーパッドで除去できるわけではありません。

キズパワーパッドが力を発揮するほくろは、レーザー治療後のほくろになります。

○ほくろの上にキズパワーパッドを貼るとどうなるか…

キズパワーパッドは、肌馴染みのいい肌色のテープを使いましょう。

ほくろを隠すためにファンデーションや粉をふる人もいるでしょうが、キズパワーパッドは、ほくろを目立たなくしてくれます。

レーザー手術を受けて傷跡が残ってへこんでしまったところに、キズパワーパッドを張った瞬間から白いプヨプヨが出れば出るほど早く直ろうと頑張ろうとしているのがわかります。

プヨプヨとはみ出しそうになったら、新しいものに取り換えてみるといいでしょう。
交換するなら3日程度がいいでしょう。

1週間もすると、1センチ未満のほくろなら薄く膜が張ってきて、白いプヨプヨした部分もなくなってきます。

その時に初めて、キズパワーパッドをはがしてみてください。

かさぶたができて取れるまで待ってみる時代は終わったのです。
ほくろの部分にステロイドなど塗るよりも、自然な直し方になります。

入浴後、濡れた部分をそっとふいて、その後にステロイドクリームを塗っていき、肌色のテープを張ります。

キズパワーパッドであれば、貼ったまま入浴や洗顔することも可能です。

おすすめのキズパワーパッドは小さな丸いタイプです。
肌馴染みが良くて自然に見えます。

○キズパワーパッドを使った人たちの声とは?
キズパワーパッドを使ってみた人たちの体験談です。

「キズパワーパッドは絆創膏の割に高くなってしまいますが、ほくろ解消以外の怪我や火傷にも効果的です。高いだけの価値はあると思います。」

「ずっと気になっていたほくろを、レーザーで焼いてもらいました。
完全にはなくならなかったので、キズパワーパッドでもっと隠したいと思い、使ってみました。

「半信半疑だったのですが、キズパワーパッドはほくろ消しに効果があります!
アフターケアにもぴったりで、傷がふさがって上からお化粧できるくらいになりました。」

靴ずれや料理中にできてしまった火傷にも、かなり役立ちます。

せっかくほくろが取れてしまっても、スキンケアの方法によってはシミができてしまうことや、ほくろが再発してしまうケースがあります。

紫外線を完全にシャットアウトして、綺麗になった肌をケアしていきましょう。

-シミの消し方

Copyright© シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.