シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて!

シミトリーが効かないという口コミ。実は、使い方が間違っていたのかも!シミトリーが効かないと思っているのなら、使い方にアレをプラスしてみて!

シミの消し方

シミの原因は1つだけじゃなかった!何に気をつけるべき?!

更新日:

シミの原因

なぜ、30代~40代になると、シミで悩む人が増えてしまうのでしょうか?

私の場合は20代のころからシミがでてきました。

しかし、多くの人は20代ではそれほどシミにたいして悩みはありません。

30代になり、アラフォーにもなると、一気にシミの悩みが深くなります。

それは、シミができる原因にありました。
シミのメカニズムに大きな理由があったのです。

シミができる原因を知って、自信のケア対策につなげましょう。

シミを引き起こす原因とは??

シミを引き起こす原因物質が「メラニン色素」です。

メラニン、あなたも一度は耳にしたことがあると思います。

肌は紫外線を浴びることで、肌細胞の中にあるDNAが破壊されます。

DNAの変異によって、細胞が死滅してしまったり、皮膚がんを引き起こしたりします。

紫外線が、肌細胞の奥に入り込むのを防ぐために、表皮の一番下にある基底層メラノサイトが「メラニン」という色素を作り出します。

メラニンは、肌を守るために、とても重要なものでもあります。

メラニンには、2つの種類があります。

ユーメラニンとフェオメラニンです。

2種類のメラニンがどういう比率で存在するかによって、人種が決まります。

・ユーメラニン
褐色~黒色の色素

・フェオメラニン
黄色~赤色の色素

わたしたち、アジア系の人種は、ユーメラニンの比率が高いです。

ユーメラニンは、紫外線により発生する活性酸素を消去する力が強い傾向にあります。

ですので、実は「シミ」になりにくい人種なんです。

反対に、フェオメラニンの比率が高いのが、白人です。

フェオメラニンは紫外線を浴びることで、活性酸素を作り出してしまうため、シミができやすい人種です。

確かに、白人の人は
「シミがたくさんある。」
というイメージですよね。

メラニンがシミの元になる理由・・・。

肌内で生成されたメラニンは、本来なら自然に体外に排出されます。

表皮の古い皮膚と新しい皮膚が入れ替わるサイクル。

つまり、ターンオーバーにより、一般に28日を目安に角質などとともに体外へ排出されます。

メラニンの排出がうまくいかない場合もあり

メラニンが、うまく排出されない場合もあります。

例えば、

・メラニンの過剰生成
紫外線を浴び続けることで、肌を守るため生成されるメラニンが、過剰に作られる場合があります。
その場合、肌に溜まってしまい、ターンオーバーで排出し切れなくなってしまうのです。

これにより、肌内に残ってしまったメラニンの色素沈着により、シミができます。

・ターンオーバーの乱れ
紫外線のやっかいなことは、体内にとどまり長年に渡り影響することです。

20代の頃に浴びた紫外線により生成された紫外線は、30代以降に「シミ」として肌に出てきます。

いわゆる「シミの予備軍」です。

シミが30代~40代で多くなる理由は、加齢よるターンオーバーが乱れることにあります。
ターンオーバーが乱れると、シミの排出がうまくいきません。

30代を超えてアラフォーにもなると、ターンオーバーにもアプローチしてくれるケアを選ばないといけません。

私が使っているシミトリーもターンオーバの面でもサポートしてくれます。

詳しくは下記の記事を読んでくださいね。

シミトリーが効かない
シミトリーが効かない?使い方にアレをプラスしてみよう!

「シミトリーが効かない!」 そんな口コミを聞いたことはありませんか? 評価も高いシミトリーですが「効かない」という口コミもあったんです。 本当なのでしょうか? ひょっとしたら、使い方を間違えていません ...

続きを見る

シミの原因を、きちんと理解し、正しいスキンケアをすることがシミを予防するには大切です。

-シミの消し方

Copyright© シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.