シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて!

シミトリーが効かないという口コミ。実は、使い方が間違っていたのかも!シミトリーが効かないと思っているのなら、使い方にアレをプラスしてみて!

シミの消し方

シミにも遺伝が関係していた。諦める必要はありません!

更新日:

シミと遺伝

「私のシミは遺伝性だから・・・。」
と悩んでいませんか?

シミにも、遺伝は関係あるのでしょうか?

シミができる原因のほとんどは、紫外線によるメラニンの過剰生成です。

しかし、シミができやすいという遺伝子タイプがあることをご存知ですか?

遺伝でシミができるなんて、どうしようもないことなのでしょうか?

どんな人が遺伝タイプのシミになるのでしょうか?

「私のシミは遺伝だからどうしようもない。」
と諦めることはありません。

遺伝性のシミでも、ちゃんとケアすれば改善も予防もできます。

ちゃんと遺伝性のシミにあったケアをすることが大事なんですよ。

シミの遺伝とは?どんな人のこと?

シミができやすい遺伝タイプとしては、

・色白の人

両親が色白の人はいませんか?

日焼けをしても、肌が赤くなってしまうタイプの場合の人のことです。

色白の両親の子どもも色白だと、日焼けに弱いタイプである可能性があります。

色白だと、紫外線から肌を守るためにメラニンの生成が過剰になります。

つまり、シミができやすくなります。

現状で両親のどちらかにでもシミができているなら、日焼け対策をきちんと行う必要があります。

日焼け対策は、シミ予防につながります。

できやすいタイプだからこそ、日頃のシミ予防は大切です。

・そばかすがある人

シミの一種である「そばかす」に関しては、遺伝の影響が強いものになります。

小さい子どものうちから、そばかすがあるのは遺伝が関係しています。

シミというのは、本来は紫外線を多く浴びることで、できやすくなります。

ですが、そばかすに関しては遺伝的要素が強いため、小さい子供でも鼻の周辺にできます。

遺伝性のシミは、他のシミに比べて改善するのが難しくなる傾向があります。

ですが、まったく改善ができないわけではありません。

遺伝だからと諦めずに、日焼け対策やシミ対策を続けることで、そばかすが薄くなることもあります。
家で簡単にできるケアから始めるのもいいかもしれません。

重曹を使ったケア方法については【カソーダでシミが剥がれるって本当?使い方は?】を読んでくださいね。

紫外線を多く浴びることで、そばかす周辺のメラニンが活発になります。

その結果、そばかすが濃くなったり、増えたりする可能性があるので注意してください。

体質上、メラニンの生成が活発で、色素沈着しやすい人は、意識してシミ対策をしていきましょう。

そばかすに有効な美白成分は「ハイドロキノン」という、美白成分の中でも最も美白効果の高い成分です。

そばかすの色が薄く、目立たなくなる可能性があります。

ただし、強い成分でもありますから使用には注意も必要です。

白斑、炎症などの副作用を引き起こす可能性もあります。

敏感肌の人は、ハイドロキノンの使用には十分に気をつけてください。

遺伝性のおすすめシミ対策!予防がカギ!

医療機関でのレーザー治療などは不安があります。

痛み、値段など負担も大きいですよね。

しかし、化粧品から始めるなら安全性も高いので安心です。

ぜひ、有効成分が配合された化粧品を使ってみることをおすすめします。

副作用の心配のない成分を使用しているものを選ぶようにしましょう。

シミ体質は遺伝しますが、あくまで、できやすい体質が受け継がれるというだけです。

日頃からの、スキンケアでの予防が大切です。

紫外線を防ぐために、日焼け止め、日傘などを利用しましょう。

日頃のスキンケアも大事です。

メラニンの働きを抑制したり、できにくくしたりするスキンケアを取り入れます。

さらには、肌のターンオーバーのサイクルを正常にもしましょう。

できやすいからそ、予防にも重点を置いてケアしていきましょう。

-シミの消し方

Copyright© シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.