シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて!

シミトリーが効かないという口コミ。実は、使い方が間違っていたのかも!シミトリーが効かないと思っているのなら、使い方にアレをプラスしてみて!

シミの消し方

シミにも種類があり!自分のタイプを知ってケアしないとダメ!

更新日:

シミの種類

女性なら多くの人が悩んでいること。
多くの日本人が抱えている肌トラブルの1つが「シミ」です。

特に30代を超えると急に
「シミが増えた・・・。」
と悩む人が増えます。

アラフォーにもなると、シミ対策ケアは必至となります。

でも、ひとまとめに「シミ」といっても、原因、形状、できる場所、治療法が異なっています。

「シミ」にもさまざまな種類があるのを知っていますか?

「シミができたから・・・。」
と安易にケアしようとしていませんか?

安易なケアでは、かえって悪化さてしまう場合もあるんです。

間違ったケアしないためにも、まずは、シミには様々な種類があるということを知っておきましょう。

シミの種類は?あなたのシミはどれ?

・老人性色素斑

頬やこめかみにできやすく、数ミリ程度の丸い形状のものが多いです。

一般的な「シミ」と呼ばれるものです。 シミの中でも最も多い、「紫外線」が原因となって起こります。

通常は40代~シミとして出てくる場合が多いのです。

しかし、色白の人や、紫外線を日常的に多く浴びるような人は、早くて20代~出てしまうこともあります。

私も、20代のころからシミが出てきました。

シミが出てくる年齢は、個人差があります。

・肝斑

頬・鼻の下・額などに左右対称に濃淡の均一なシミができます。

紫外線が直接的な原因ではなく、ホルモンバランスが影響していると考えらえています。

ホルモンバランスが崩れる30代以降、アラフォー女性に多く見られます。

多くのシミは美白化粧品などでのケアによって、改善効果があります。

しかし、肝斑に関しては、安易な自己ケアによって悪化する場合があるので注意しましょう。

・雀卵斑

一般的に「そばかす」と呼ばれているシミの一種です。

小さな斑点が鼻を中心に顔全体に散らばって出ます。

遺伝的な要素が多くあり、子供のうちに出るのが通常です。

米粒のような不規則な形状です。

成長とともに増加し、紫外線を浴びることで、色が濃くなってしまうことがあります。

・その他

「遅発性両側性太田母斑」…生まれつきアザとして出る

「脂漏性角化症」…イボ状にシミが盛り上がった状態で出る

「炎症性色素沈着」…ケガやニキビ跡の色素沈着が原因

「花弁状色素斑」…日焼けによる水ぶくれ跡でできる

「摩擦黒皮症」…強い摩擦刺激やしめつけが原因

「シミ」の種類だけでも、これだけの種類があることを知っていましたか?

今回あげた以外でも、まだまだシミの種類はあります。

大事なことは、自分のシミにあったケアを行うことです。
ひまし油を使ったケア、重曹を使ったケア、化粧品を使ったケアなど、ケア方法もさまざまあります。

ひまし油を使ったケアについては【ひまし油でシミが消える?使い方や注意点をも守って!】も読んでみてくださいね。

そのためにも、自分のシミがどのタイプになるのかを知っておきましょう。

自身のシミについて、正しい知識を身に着け、正しいケアをしていきましょう。

-シミの消し方

Copyright© シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.