シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて!

シミトリーが効かないという口コミ。実は、使い方が間違っていたのかも!シミトリーが効かないと思っているのなら、使い方にアレをプラスしてみて!

シミの消し方

紫外線はシミにとっては悪?!でも重要な役割も

更新日:

紫外線とシミ

多くの人が悩まされるシミ。

できてしまうと、消すのはなかなか至難の業です。

特に年齢もアラフォーにもなると、シミ取りは難しくなります。

シミができてしまう原因というのは、あなたも耳にしたことがあるであろう
「紫外線」
です。

紫外線を浴びる → 日焼けをする → シミ・そばかすができる

これが、簡単にいうシミができる過程です。

紫外線は「悪」?実は重要な働きも・・・。

シミの原因である「紫外線」

しかし、紫外線は私たちにとっては大切なものでもあります。

実は、紫外線というのは適度に浴びることも必要です。

紫外線を浴びることで、体内で重要な成分「ビタミンD」の生成を助けてくれます。

ビタミンDは、日常で摂取することが難しい成分でもあります。

体内で生成され、骨や歯を丈夫にし、免疫力を高める効果のある成分です。

紫外線自体は、決して体に悪い影響を与えるだけではないのです。

しかし、大量に浴びることで、トラブルの原因となってしまうのです。

紫外線を大量に浴びてしまうと、体内では活性酸素が大量に発生してしまいます。

活性酸素自体もまた、細菌などを撃退する役割のあるものでもあります。

ですが、大量に発生してしまうと肌細胞を破壊し死滅させてしまいます。

この活性酸素の細胞破壊から、肌を守るために生成されるのが「メラニン」です。

メラニンは活性酸素の侵入をブロックしてくれます。

役目が終わると、ターンオーバーにより体外へ排出されていきます。

メラニンは私たちの肌を守るため、とても重要な働きをしてくれています。

しかし、長時間、紫外線を大量に浴びることでかわってきます。

ブロックする役割のメラニンも、過剰に生成されてしまいます。

過剰にメラニンが生成されると、体外に排出されにくくなります。

体外に排出されないメラニンはシミとなってしまいます。

さらに、30代をこえると別の原因もでてきます。

肌のターンオーバーです。

アラフォーにもなると肌のターンオーバのサイクルは長くなります。

ストレス、ホルモンバランスの崩れなどが原因で、ターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーが乱れると、過剰に生成されたメラニンを体外へ排出し切れず、表皮に留まってしまいます。

留まってしまったメラニンはやがて、色素沈着し、シミとなります。

シミの恐ろしいところは、20代ではできていなかったのに、30代~40代になって突然現れることがあるということです。

若いころに浴びた紫外線によって、過剰に作られていたメラニンは肌の奥に留まっています。

加齢によって肌が乱れることで、シミとして表面に出てきてしまいます。

後に後悔しないように、若いうちから紫外線対策をしておくことが大切です。

化粧品でのケア方法については【シミトリーが効かない?使い方にアレをプラスしてみよう!】を読んでくださいね。

-シミの消し方

Copyright© シミトリーが効かない?使い方が違うかも。〇〇をプラスしてみて! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.